このヘッドラインは「2ch Hokkoly」が管理しています。
アクセスランキングを設置されているサイト様はお手数をお掛けしますが「hokkorido」で置換設定をお願いします。

このヘッドラインは「2ch Hokkoly」が管理しています。
アクセスランキングを設置されているサイト様はお手数をお掛けしますが「hokkorido」で置換設定をお願いします。


2015年01月27日

日産、軽自動車自社生産へ・・・半世紀ぶり新規参入



http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1421664396/
1:夜更かしフクロウ ★:2015/01/19(月) 19:46:36.71 ID:???.net

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150118-00050106-yom-bus_all

 日産自動車は2016年度をめどに軽自動車の自社生産に乗り出す方針を固めた。

 低価格で維持費の安い軽の人気が高まっているため、
軽の開発から生産までを手がけ、自社の商品戦略に沿ったクルマを機動的に販売できるようにする。

 日産幹部が明らかにした。
国内大手メーカーが軽の生産に本格参入するのは1963年のホンダ以来、ほぼ半世紀ぶりという。
ダイハツ工業、スズキ、三菱自動車、ホンダ、日産の5社が生産する体制となる。

 製造は追浜(おっぱま)工場(神奈川県横須賀市)を軸に検討している。
女性や若者向けのワゴン車タイプで、年間5万〜10万台規模となりそうだ。

 日産は02年にスズキに生産を委託して自社ブランドで軽の販売を始めた。
11年からは三菱自とも合弁で製造会社を設立して生産を委託し、自社ブランドで売ってきた。
現在、「デイズ」「デイズ ルークス」など計4車種(商用車を除く)を扱い、14年の販売台数は約24万台だった。


続きを読む

posted by Hokkoly管理人 | Comment(1) | 経済ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

2015年秋に発売予定の新型「プリウス」、燃費は世界最高のリッター40kmに



http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1421805048/
1:Hi everyone! ★:2015/01/21(水) 10:50:48.78 ID:???.net

 トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)の新型「プリウス」を2015年秋にも発売する。

 ハイブリッドシステムの改良などで燃費はガソリン1リットルあたり40キロ・メートルに達し、現時点のガソリン車やHVと比べて世界最高になる
見込みだ。

 新型プリウスは、モーターなどのハイブリッドシステムの性能を高めるとともに、排気量1・8リットルのエンジンの燃焼効率を向上させる。
樹脂素材を多く使うほか電池の小型軽量化も図り、車体重量は現行の約1600キロから100キロ程度軽くなる模様だ。最も燃費の良い
モデルは、現在の32・6キロから40キロに伸びる見通しだ。37キロの燃費性能を備えているトヨタのHV「アクア」とスズキの軽自動車
「アルト」を上回る。

ソース(読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150119-OYT1T50152.html


続きを読む

posted by Hokkoly管理人 | Comment(0) | 経済ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

スズキ 新型アドレス110 燃費51.2km/リットル、重量97kg、20万5200円



http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1421737326/
1:柴犬 ★:2015/01/20(火) 16:02:06.10 ID:???.net

スズキは、軽量な車体に、優れた燃費性能と走行性能を両立したエンジンを搭載した、
新型110cc原付二種スクーター『アドレス110』を3月19日より発売する。

アドレス110は、2014年9月に独「インターモト」で「Address」として発表した新型スクーター。
小型スクーターのグローバルモデルとして、スズキのインドネシア子会社で生産し、同国での販売をはじめ、日本、アセアン諸国、欧州、大洋州に向けて輸出する。

アドレス110は、クラストップレベルの軽量な装備重量97kgによる取り回しの良さや、51.2km/リットルの燃費性能と低中速域での優れた加速性能が特長。
大容量のシート下トランクスペース、フロントインナーラック、シート開錠機能付ステアリングロックを採用するなど、日常での使い勝手も考慮した。
また、シャープで引き締まった躍動感のあるデザインを採用し、細部まで作り込むことでグローバルに通じる魅力的な外観とした。
価格は20万5200円。



http://response.jp/article/2015/01/19/241994.html


続きを読む

posted by Hokkoly管理人 | Comment(0) | 経済ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

ホンダ ディオ110 新型、今春に導入 空冷式eSPエンジン搭載



http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1421466433/
1:柴犬 ★:2015/01/17(土) 12:47:13.08 ID:???.net

本田技研工業は1月16日、原付2種スクーター『ディオ110』をフルモデルチェンジし、今春に発売すると明らかにした。
価格・発売日は未定だが、マイナス3kgの軽量化を図ることでコミューターとしての完成度、取り回しやすさを一段と向上。
安定感のある走りをもたらす前後14インチの大径タイヤは受け継がれるが、エンジンは一新される。

同社の小型コミューターは、実用性を重視した力強い出力特性で耐久性や燃費性能を向上した次世代小型スクーター用エンジン「eSP」へと、
2012年発売の『PCX』を皮切りに順次移行してきたが、『Dio110』もついに「eSP」を搭載することになった。

ただし、『PCX150』『PCX』『リード125』『Sh mode』『Dunk』『タクト』『タクト・ベーシック』では、いずれも水冷式エンジンとしていたが、
新型の『Dio110』では空冷式での『eSP』を新開発。
もちろん『eSP』最大の特徴である『アイドリングストップ機構』も搭載され、燃費性能は『PCX』らの125cc版が53.7km/リットルなのに対し
『Dio110』では57.9km/リットルと、さらに向上している。




続きを読む

posted by Hokkoly管理人 | Comment(0) | 経済ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

「車離れ世代」が飛びついた 大ヒット軽自動車「ハスラー」の秘密に迫る



http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1421012061/
1:TwilightSparkle ★:2015/01/12(月) 06:34:21.58 ID:???.net

2015.01.11 07:00

 2014-2015年次日本自動車殿堂カーオブザイヤー、2015年次RJCカーオブザイヤー、二つの栄冠を手に
した車。さらに2014年日経MJヒット商品番付の小結にランクインした、スズキの軽自動車「ハスラー」。今、
最も熱い視線が注がれている車の一つ、と言っていいだろう。

 そのボディの色は9種類。ルーフと組み合わせたツートンカラーもあり、全部で11ものパターンから自由に
色を選ぶことができる。

 2014年1月、発売されるやいなや注文が殺到。同年11月末までの11か月間で販売台数は9万5314台。当
初目標は月販5000台で、その1.5倍近い勢いだ。

 「実用」イメージが強かった軽の市場に、こんなアクティブな新車がどうやって生まれてきたのだろうか。作
家・山下柚実氏が現場を訪ねた。

 * * *

 堅実で地道な実績を持つ自動車メーカー、スズキ。鈴木修会長の耳に入ってきたのは、ユーザーのこん
な一言だった。

「雪道に強い軽自動車というものはないのだろうか」

 かつて、同社には「Kei」という名の軽SUV(スポーツ用多目的車)があったが、今は生産を終了し、該当す
る車は無い。

「タイミングを同じくして、これまでとは違う新しい軽自動車を創ろう、という声が営業サイド、技術サイドの
両方から上がっていました。ご存じのように軽自動車の市場は急拡大し、今や新車販売の約4割を占めて
います。各社似たような車を作っては鎬を削る中で、もっと面白くてもっと新しい軽を作りたいんだ、という気
持ちを現場のみんなが抱いていた時でした」

 そう振り返るのは、「ハスラー」の開発を担当した同社第一カーラインチーフエンジニア・高橋正志氏(45)
だ。

「弊社のトールワゴンタイプの軽『ワゴンR』で、技術的にも一定の完成水準に達した、という自覚もありまし
た」

 そこで今一度、「車の楽しさとは何なのか」という根本に立ち戻ろう、と考えた。雪道も走れてキャンプや
山や川にも行け、街乗りでもワクワクする軽とは、どんな車か。

「弊社の主力車『ワゴンR』をベースに、大きなタイヤを履かせて雪道や悪路も走れるSUVの機能性を盛り
込む。これまで培ってきた技術が土台になるからこそ、今回はデザインという、いわば弊社の『未開拓領域』
に思い切り力を注ぐことになりました」

>> 次のページへ

(記事の続きや関連情報はリンク先で)
引用元:NEWSポストセブン http://www.news-postseven.com/archives/20150111_296210.html


続きを読む

posted by Hokkoly管理人 | Comment(0) | 経済ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

ホンダ タクト発表 燃費80km/リットル、低シート高タイプも



http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1421466281/
1:柴犬 ★:2015/01/17(土) 12:44:41.26 ID:???.net

ホンダは原付スクーター『タクト』をおよそ16年ぶりに復活させ、1月23日から販売を開始すると発表した。
2014年2月に発売した『ダンク』のエンジンと車体を共有化しながらも、2kgの軽量化を図り、時速30km定地走行燃費で80km/リットルを実現したのが特徴。

タクトの開発責任者を務める本田技術研究所二輪R&Dセンターの三ツ川誠研究員は「若者向けの新提案商品であるダンクに対して、
タクトはスタンダードな位置づけのスクーターとして、より年齢、性別、体格を問わず間口が広く使い勝手に優れた商品づくりに注力した」と明かす。

このため「ダンクのスペース効率に優れたフレームを使いながらも、ストレスフリーな日常の移動を実現するため、
外板ボディをコンパクトにすることで取り回しのしやすさに配慮した」という。

具体的には「樹脂カバーの枚数を減らしたり、形状を小さくしたりしたことで軽くなっている。
ダンクのフロントには物入れやソケットなどがあって二重の構造になっているが、タクトは下の部分は1枚で構成されている。
またヘッドランプ、テールランプともにウインカーと一体化したことなどで、全体で2kg軽量化できた」としている。

これにより「エンジンそのものは(ダンクと)全く変えていない」ものの、
2kgの軽量化でダンクの燃費75.3km/リットルを大きく上回る80km/リットルと、クラストップの低燃費を実現している。
タクトの価格は15万9840〜17万2800円で、年間4万5000台の販売を計画している。


【ホンダ タクト 発表】低シート高タイプ「タクト・ベーシック」を新設定…価格も低め
http://response.jp/article/2015/01/16/241814.html
【ホンダ タクト 発表】16年振りのネーム復活…HMJ加藤社長「原点に返る」
http://response.jp/article/2015/01/16/241777.html




続きを読む

posted by Hokkoly管理人 | Comment(0) | 経済ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

ダイハツ コペン 第3のモデルを初公開…丸目が復活



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1420774278/
1: シャイニングウィザード(catv?)@\(^o^)/:2015/01/09(金) 12:31:18.46 ID:1Gnh70jp0.net

ダイハツ工業は、2015年半ばに発売を予定している軽オープンカー『コペン』シリーズの第3のデザインモデルを初公開した。

藤下修チーフエンジニアは1月9日のプレスブリーフィングで「意匠としては、本日披露しているこの意匠で今開発を進めている。なんとか約束通り年央には、
この新しくヘッドライトもデザインし直して、ベースチェンジできる状態で、少しのパーツはローブと共用しながら新しいドレスフォーメンションの展開として第3の意匠を発売する予定」と話した。

さらに「意匠のベースとしては、流れるしずくのようなということで、お客様の声をお聞きしながら初代コペンのイメージをベースに造っている。ご期待頂きたい」と述べた。
http://response.jp/article/2015/01/09/241209.html










続きを読む

posted by Hokkoly管理人 | Comment(1) | 経済ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

ホンダ、「NSX」世界初公開 10年ぶり復活



http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1421122971/
1:北村ゆきひろ ★:2015/01/13(火) 13:22:51.90 ID:???.net

ホンダは12日、デトロイトで開催されている2015年北米国際自動車ショーで、市販バージョンとなる
新型アキュラNSXを初公開した。

 ホンダNSXは、1990年から2005年まで生産された初代に続き開発されていたもので、これまで2012年に
本格的なプロトタイプが登場。ミッドシップのV6ツインターボエンジンに高効率・高出力の3モーターハイブリッドシステム
『スポーツハイブリッドSH-AWD』を組み合わせたスーパースポーツカーとして2015年の市販化が予定されていた。

 このNSXについては、初代同様スーパーGT参戦が予告され、ホンダの伊東孝紳社長は12年の
モータースポーツ活動発表会で、14年から導入される新規定に合わせNSXの参戦を表明。スーパーGTでは
本来GT500クラスはFRレイアウトだったが、ミッドシップ化し14年から『NSXコンセプト-GT』として5台が参戦していた。

 そんな中、13年の東京モーターショーでの発表等を経て、ついに1月12日からのデトロイトショーで、『アキュラNSX』として
市販バージョンのNSXが姿を現した。市販モデルはV6ツインターボ+SH-AWDに、9速デュアルクラッチミッションが
組み合わされ、四輪の駆動力を自在に制御するトルクベクタリングを可能とする、電動式四駆システムを搭載している。











http://as-web.jp/news/info.php?c_id=10&no=62559


続きを読む

posted by Hokkoly管理人 | Comment(0) | 経済ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

マツダ、新型「ロードスター」と「CX-3」を公開!



http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1420903128/
1:夜更かしフクロウ ★:2015/01/11(日) 00:18:48.70 ID:???.net

http://co.jp.autoblog.com/2015/01/09/tokyo-auto-salon-2015-mazda/

 幕張メッセで11日まで開催中の東京オートサロン 2015 with NAPACで、
マツダは4代目「ロードスター」と新型コンパクトSUV「CX-3」を公開した。

 新型ロードスターはすでに9月のファン招待イベントで発表されているが、一般公開としてはこれが初。
幕張メッセで初めて目にした方は、写真よりもコンパクトさが際立つデザインに何らかの感慨を抱かれたに違いない。
今から半年以内には発売される予定だとか。
会場には2016年に開催が予定されているワンメイクレース「Global MX-5 Cup」用の車両も並んで展示されていた。

 日本初公開となるCX-3は「デミオ」とプラットフォームを共有するコンパクトなSUV。
エンジンは1.5リッター・ディーゼル「SKYACTIV-D」と2.0リッター・ガソリン「SKYACTIV-G」、
トランスミッションも6速ATと6速MTが「市場ごとに適切なラインアップで展開」されるという。
四輪駆動の他に安価な前輪駆動も用意される予定だ。
全長4,275mm × 全幅1,765mm × 全高1,550mmというサイズは、デミオ・ベースといってもなかなか堂々とした佇まい。


写真:東京オートサロン 2015 with NAPACで公開された4代目「ロードスター」と新型コンパクトSUV「CX-3」








 既存の市販車は3種類のコンセプトに基づいて仕立てられたドレスアップ・モデルが並んだ。
スポーティな「RACING CONCEPT」には、MAZDASPEEDブランドによるエアロパーツやセミバケットシートなどを装着。
シャシーや足回りも強化されている。
使用されているパーツは参考出品のものもあるが、すべて市販化を目指して開発しているという。
特に印象的だったのは、重量感のあるMAZDASPEED製シフトノブを付けたデミオのマニュアル・トランスミッションが、
ショートストロークで素晴らしい感触だったこと。
わざわざMTを選ぶデミオ・オーナーにはおすすめである。

 先頃マイナーチェンジを受けたばかりの「アテンザ」と「CX-5」は、
ダークグレーのボディに「上質な大人のドレスアップ」を施した「Prestage-style CONCEPT」として出展。
20インチの大径ホイールが目を引く。

 人気のコンパクトカー「デミオ」には、
赤やタンの本革シートを中心に差し色のコントラストを入れた「Color CONCEPT」が展示されている。
中でもタン内装のデミオは、まさしく「小さな高級車」という風情で非常に魅力的。
記者なら紺色のボディを合わせて欲しいと思った。






続きを読む

posted by Hokkoly管理人 | Comment(0) | 経済ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

マツダ新型CX-3はディーゼルのみで約237万円スタート、まもなく予約受注開始



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1420605809/
1: サッカーボールキック(catv?)@\(^o^)/:2015/01/07(水) 13:43:29.85 ID:KBg5WoiS0.net

CX-3は、マツダが昨年のロサンゼルス国際オートショー2014でワールドプレミアさせた新型のコンパクトクロスオーバーSUVである。
2015年1月9日より開催される東京オートサロンでの日本初公開が予定されており、発売に向けての動きが活発化してきた。

CX-3日本仕様に搭載されるエンジンは、SKYACTIV-D 1.5Lの1タイプのみとなる。クリーンディーゼル専用車ということになり
、ホンダ・ヴェゼルをはじめとするライバル車よりもプレミアム感のあるグレード構成となりそうだ。
CX-3の先行予約が1月初旬よりスタートされる見込み、ディーゼル専用車は強気な価格設定
CX-3の車両価格は、公式発表を待つことになるが、既に暫定的なものがインターネット上に出回っている。
これによると、エントリーグレードのXDは、FFが237万6000円、4WDが259万2000円。ミドルグレードのXD Touringは、FFが259万2000円、
4WDが281万8000円。上級グレードのXD L Packageは、FFが280万8000円、4WDが302万4000円となる。

仮にこの価格で販売されることになれば、CX-3のスタート価格はヴェゼルハイブリッドよりも約12万円高ということになる。
日本仕様のCX-3は割安なガソリンエンジンモデルもなく、かなり強気な価格設定と感じた。

http://car-research.jp/mazda/cx-3-11.html










続きを読む

posted by Hokkoly管理人 | Comment(0) | 経済ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アクセスランキング ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。