このヘッドラインは「2ch Hokkoly」が管理しています。
アクセスランキングを設置されているサイト様はお手数をお掛けしますが「hokkorido」で置換設定をお願いします。

このヘッドラインは「2ch Hokkoly」が管理しています。
アクセスランキングを設置されているサイト様はお手数をお掛けしますが「hokkorido」で置換設定をお願いします。


2013年08月01日

【衝撃画像】 時速100キロ以上のバイクで事故ると、ヘルメットがこうなるらしい ・・・・・・・・・



http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1375000785/
1: ダイビングフットスタンプ(北海道):2013/07/28(日) 17:39:45.80 ID:oYsqbsL90

片岡K ?@kataoka_k
時速100キロ以上のバイクで事故ると、ヘルメットがこんなんなるそうです。



https://twitter.com/kataoka_k/status/360984112342900736


続きを読む

タグ:ヘルメット
posted by Hokkoly管理人 | Comment(2) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

【画像あり】 台 風 7 号 、 車を吹き飛ばす !!!!!!!!! 洒落になんねえぞオイ・・・



http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1373688723/
1: トンキニーズ(北海道):2013/07/13(土) 13:12:03.69 ID:h/CPgYzH0

わらわら ?@wara_wara_san
朝、外に出たらすごい事になってた。東横イン石垣より。



https://twitter.com/wara_wara_san/status/355817464564703232


関連ニュース
台風7号 石垣で59メートル、3人けが
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-209460-storytopic-1.html


続きを読む

posted by Hokkoly管理人 | Comment(0) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

アシアナ航空社長が凄い発言w 「すべての責任は機長個人にある」(会社にも私にも一切の責任はない)



http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1373344357/
1: トラ(大阪府):2013/07/09(火) 13:32:37.08 ID:qwyRSrij0

アシアナ事故機は目標速度25%下回る、社長「全責任は機長に」


米サンフランシスコ国際空港で起きたアシアナ航空機の着陸失敗事故で、米運輸安全委員会
(NTSB)は8日、同機が着陸失敗時に目標値を25%下回る速度で飛行していたと明らかにした。

会見したNTSBのハースマン委員長は、事故機の速度は着陸失敗の直前、目標値の時速158マイル
(約254キロ)を大きく下回る同119マイルだったと説明。また事故当時、機体後部が滑走路前の防波堤
に衝突し、機体の破片が海上に散乱したと述べた。

一方、アシアナ航空の尹永斗社長はソウルの本社で開いた会見で、「訓練は、世界の航空業界で
一般的に行われているもの。すべての運航責任は教官役を務めた機長にある」と語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130709-00000038-reut-kr


続きを読む

posted by Hokkoly管理人 | Comment(0) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

着陸失敗のアシアナ機、衝突の1.5秒前に中止要請 米運安委



http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1373248281/
1: ヒマラヤン(家):2013/07/08(月) 10:51:21.39 ID:STOEg1jIP

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/accidents/2954737/11016644
【7月8日 AFP】韓国・ソウル(Seoul)発アシアナ航空(Asiana Airlines)のボーイング(Boeing)777型機が米サンフランシスコ国際空港(San Francisco International Airport)で着陸に失敗した事故で、米運輸安全委員会(National Transportation Safety Board、NTSB)は7日、事故機は目標速度を「大幅に下回る」速度で滑走路に接近していたと発表した。また、操縦士らは事故発生のわずか1.5秒前に着陸中止を要請していたという。

NTSBのデボラ・ハースマン(Deborah Hersman)委員長は、同空港で記者会見し、管制官は事故機から「着陸復行の要請」を受け取ったと明かした他、同機が失速しつつあった可能性を示唆した。

同委員長によると、着陸態勢に入った際、スロットル(絞り弁)が機能せず、飛行速度が目標の137ノットを大幅に下回っていたことが、データにより示唆されたという。また、当時の空港周辺の天候は良好で、視認進入の許可が下りていたとも加えた。

6日に発生した同事故により、10代の中国人少女2人が死亡した他、182人が負傷。うち40人が重傷を負った。

ハースマン委員長によると、事故発生の1.5秒前、乗員の1人から、機体を上昇させ着陸をやり直す「着陸復行」を要請する声が上がっていたことが分かった。NTSBの調査チームは今後、約1週間にわたり同空港で調査に当たる予定で、「現在の時点で事故原因を絞るのは時期尚早」と同委員長は述べている。(c)AFP


続きを読む

posted by Hokkoly管理人 | Comment(0) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

やっぱり起きた! 車の自動ブレーキ、誤作動で急制動… だから言ったろこのシステムは欠陥だって



http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1372520932/
1: サイベリアン(埼玉県):2013/06/30(日) 00:48:52.96 ID:DVyU383AP

自動ブレーキ、誤作動で急制動…隣の車に反応か

衝突の危険があると自動でブレーキをかける衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)が誤作動を起こす不具合があったとして、トヨタと三菱自動車が今月に入って相次いでリコールを届け出た。

 ドライバーの意図に反してブレーキがかかるため、後続車両に追突される事故も起きていた。

 トヨタがリコールしたのは、同社の高級車ブランド「レクサス」の「IS350」やクラウンなど4車種で計約2万台。いずれも昨年末以降に発売されたばかりの新型車だった。

 この不具合を巡っては今年5月、東京都葛飾区の首都高速道路で追突事故が発生。時速約30キロで走行していたところ、自動ブレーキが作動して10キロ未満に減速、2トントラックに追突された。これ以外にも、4月下旬以降、「いきなりブレーキが作動した」などのトラブルが5件起きていたという。

 国土交通省などによると、原因は電波の乱反射を解析する機器の設定ミス。自動ブレーキは、レーダーから前方に電波を発して、前方車両との距離、速度を検知するが、電波の乱反射で並走車両を前方にいる車両と誤って認識し、衝突の恐れがないのに自動ブレーキが作動して急制動がかかってしまう恐れがあるという。首都高での事故では、右隣の車線を走行中のタンクローリーの車体で電波が乱反射したという。



http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130628-OYT1T01570.htm


続きを読む

posted by Hokkoly管理人 | Comment(1) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

雨の御堂筋でホンダ・NSXがスリップして大破



http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1371919240/
1:そーきそばΦ ★:2013/06/23(日) 01:40:40.79 ID:???0

1000万円近いのに…パー!

 21日午後1時25分ごろ、大阪市中央区南船場の御堂筋で、スポーツカーがスリップして本線と側道の分離帯を乗り越え、側道を走っていた乗用車に衝突、大破した。大阪市消防局によると、2人が搬送されたがいずれも軽傷。

 現場は当時、雨で路面がぬれていた。ホンダの高級スポーツカー「NSX」で、周囲には部品や漏れた油、分離帯の砂が散乱した。

 乗用車を運転していた大阪府東大阪市の会社員(38)は「ゴーっという音がして、いきなり車が突っ込んできた。
何が起きたか分からなかった」と話した。

ソース 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130621/waf13062119200026-n1.htm
画像 雨の御堂筋でスリップし大破したホンダの高級スポーツカー「NSX」=21日午後、大阪市中央区南船場




続きを読む

タグ:NSX
posted by Hokkoly管理人 | Comment(2) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

【画像】ランボルギーニムルシエラゴに乗った兄ちゃん、カーブを曲がりきれず車3台と衝突



http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1367832321/l50
1: マンクス(やわらか銀行):2013/05/06(月) 18:25:21.44 ID:VU6kbh2m0●













値段は日本も同じですね


続きを読む

posted by Hokkoly管理人 | Comment(0) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

スバルのインプレッサ盗難相次ぐ 海外で人気が高く転売目的か



http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1367377042/l50
1: マレーヤマネコ(dion軍):2013/05/01(水) 11:57:22.71 ID:SmvoPgs50

 1日未明、千葉県四街道市で、2人組の男が住宅の車庫から乗用車を奪う事件があり、
制止しようとした男性がけがをしました。

 警察によりますと、午前1時すぎ、四街道市の住宅の車庫からエンジン音がしたことに気づいた
住人の男性が様子を見に行ったところ、見知らぬ男が乗用車のドアをこじ開けて運転席に
乗り込んでいました。男性は男につかみかかり、制止しようとしましたが、男はそのまま
車を発進させ、男性は約25メートル引きずられて頭や足を打撲しました。男は、別の車にいた
仲間と現在も逃走中です。奪われた車は海外でも人気があるインプレッサで、警察は、
転売目的で車が奪われた可能性があるとみています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000004599.html


続きを読む

posted by Hokkoly管理人 | Comment(0) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

【大分】6階建て駐車場から車転落→50代の運転女性、自力で脱出



http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1359093374/l50
1:春デブリφ ★:2013/01/25(金) 14:56:14.28 ID:???0

★6階建て駐車場から車転落 運転女性、自力で脱出

 25日午後0時35分ごろ、大分市の6階建て立体駐車場の屋上から乗用車が車道に転落した。
運転していた市内の50代の女性は自力で脱出して、病院に運ばれた。事故に巻き込まれた通行人
らはいなかった。

 大分県警中央署によると、車は駐車場のフェンスを突き破り、約20メートル落下した。事故原因を調べている。
 現場はJR大分駅近く。通行人の男性が「駐車場から車が転落した」と119番した。

1.25 14:40
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130125/dst13012514410016-n1.htm
※写真 立体駐車場(右)の屋上から転落した乗用車=25日午後1時25分、大分市




続きを読む

posted by Hokkoly管理人 | Comment(1) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

B787で発火したリチウムイオン電池 トヨタはHV搭載に慎重だった



http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1358472998/l50
1:やるっきゃ騎士φ ★:2013/01/18(金) 10:36:38.99 ID:???

ソースは
http://www.j-cast.com/2013/01/17161704.html?p=all

[1/2]
最新鋭中型旅客機のボーイング787型機のバッテリーから発火する事故が相次いでいる問題で、
2013年1月16日(米国時間)、米国連邦航空局(FAA)がバッテリーシステムの改修が
完了するまでB787型機の運航を禁止する緊急耐空性改善命令(AD)を出した。
これを受け、日本の国土交通省も1月17日に日本航空(JAL)と全日空(ANA)に対して
同様の指示をした。
787のバッテリーは、民間航空機としては初めてリチウムイオン電池を採用している。
リチウムイオン電池は発火性の高い材料を使っているため、自動車業界では導入に慎重な姿勢も
出ていた。

■FAAの運航禁止指示は34年ぶり
FAAがこうした形で運航禁止の指示を出すのは1979年のDC-10型機以来約34年ぶり。
DC-10に対する指示は、米アメリカン航空機が米シカゴ・オヘア国際空港を離陸直後に
エンジンが脱落して墜落し、乗員・乗客271名と地上にいた2名が死亡した事故を受けてのもの。
この時は、エンジンと主翼をつなぐパイロンと呼ばれる部分の不具合が原因だったが、
今回の指示はバッテリーの不具合に関するものだ。ADでは、バッテリーの不具合が
解消されない場合、「基幹システムや構造にダメージを与え、電気機器室で火災が起こる
可能性もある」と警告している。発火の原因は、現時点でも調査中だ。

■ニッカド電池に比べて半分のスペースで済む
787では、777型機のような従来の機体では油圧や空気圧で動かしてきた機器の多くを
電気で動かすため、電力の使用量が大幅に増加している。
このことを背景に、従来機ではニッケルカドミウム(ニッカド)電池を採用してきたが、
787では民間航空機としては初めてリチウムイオン電池を採用した。
このリチウムイオン電池を製造したのは、日本のジーエス・ユアサコーポレーション
(GSユアサ、京都市)。GSユアサ社は05年の段階で仏タレス社を通じて787向けに
リチウムイオン電池を供給することが決まっていた。

当時のGSユアサの発表では、
(1)ニッカド電池に比べてエネルギー密度が2倍あり、同じ寸法であれば2倍の電力を供給できる
(2)75分間で90%充電が可能
(3)管理装置を搭載し、二重の安全性を保証している
(4)角形密閉(メンテナンスフリー)構造で航空機の通常の使用環境よりもはるかに厳しい
環境にも耐える設計となっている、
といった点をアピール。まさに「小さいスペースで多くの電力が供給できる」という点が
787の特性とマッチした形だ。

だが、リチウムイオン電池には、材料として使われている有機溶媒に発火性がある
という問題点が指摘されてきた。

-続きます-


続きを読む

posted by Hokkoly管理人 | Comment(0) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アクセスランキング ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。